折込チラシ・その他のメディアチラシ作成から折込までの流れ

チラシ作成から折込までの流れFlow

朝日オリコミ西部では折込チラシが初めての方でも『安心・迅速・親切』を
モットーに分かりやすい提案とサポートを心がけています。

例えば福岡市内A4・10,000枚・片面カラーを印刷・折込した場合折込10,000枚×3.30円=33,000円印刷10,000枚×1.50円=15,000円
チラシの印刷から折込までの流れはコチラ!
ヒアリングした内容をもとに原稿を提案!作成に入ります!
最終確認(校了)後印刷へ入ります!
折込日・エリアが決定したら各新聞の朝刊へ手配します!
朝日オリコミ西部では長年の実績を元に最適なプランをご提案させていただきます。

折込チラシのポイント!Point

ポイント1

どんなチラシが何曜日に折り込まれているでしょうか?
1週間の業種・曜日別折込チラシ

下のようなグラフから業種・曜日別の折込傾向がわかります!
・チラシが多く入るのは土曜日なんだ    ・通販は月曜日と火曜日が多いね
・土曜日は不動産関係がたくさん入るね   ・スーパーのチラシは火曜日か!

流通
不動産

※1世帯あたりの年間平均配布枚数
出典:折込広告出稿統計

どこに配布したらいいの?効果的なエリアはどこなの?
折込エリアの考え方
お店を中心に
お店からの距離や、徒歩・自転車・自動車などのアクセス状況から最適なエリアを選択します
商圏データから
国勢調査やマーケティングデータを基にターゲットを抽出し、より効果的なエリア選択を提案致します
レスポンスデータから
現在お持ちのレスポンスデータなどを分析し、商圏データと組み合わせて効果的なエリアを選択します

これらのデータや詳細な資料を元に、より的確なアドバイスが出来ます
また地域のイベントや年間予定など、様々な状況に対応したご提案を心掛けております

ポイント2

折込部数表ってなに?エリアマップとは?

折込チラシのエリアを決める時に必要となるのが折込部数表とエリアマップです
エリアマップと部数表を照らし合わせながら配布したいエリア、枚数を決めていきます

折込部数表
折込部数表
折込エリアマップ
折込エリアマップ

枚数や予算、意向に応じた
エリア選択をご提案いたします

へ~こんな物があるんだ!例えば、朝日新聞の『香椎・香住丘販売店』は3,600枚あるんだ。エリアマップを見ればどこに配布しているか一目瞭然!
お問い合わせ